50代はやりがいのある仕事に転職を考える年齢でもある

 公認会計士や税理士の転職をすすめる転職エージェント会社があります。キャリアプランの構築を支援してくれるシステムなのですが、そういったサービスでは50代での転職は、それほど不利ではないようですね。やはり、「士」の付く資格を取得しているということは、有利なのでしょうか。

 50代で転職する場合には、Aという会社から、Bに移るというケースだけでなく、これまで個人で事業を行なっていたが、(個人営業であるため)仕事のスケールが小さくなってきたので、組織に入って大きなプロジェクトを成功させたい。という動機もあるようです。  50代になると、そろそろ働き盛りも下り坂で、10年後を考えると体が動かなくなる。ハードなスケジュールの仕事に無理がきかなくなる。それを考える年齢になるのですね。  そのため、「人生最後の大きなやりがい」にかける人もいるようで、NPOに転職する人などもいます。  「お金よりもやりがい」というのは、20代の就職でも良く聞かれるテーマですが、人生の中盤〜終盤に入っても再び出てくる選択肢のようです。  さて、このまま安定した仕事を続けるべきなのか? それとも思い切って違う畑に飛び込んでみるのか? どの世代、どんな職業であっても抱える問題ですが、自分が後悔しない選択をしたいですね。  そのためにも、重要なのは情報収集。転職サイトで掲載されている事例や、実際に転職エージェントを活用して相談してみるのも方法だと考えられます。


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント