50代が利用する転職エージェントとは

 

転職する場合に年齢は大きな壁となりますが、その点では50代の方が転職するのは世間一般的には難しいというのが常識です。ただしその方の職業やキャリアによっては、50代からの転職でもそんなに難しいと書かれた興味深い記事を読みました。

その記事のタイトルは「50代はやりがいのある仕事に転職を考える年齢でもある」で、この記事には士業の転職をすすめる転職エージェント会社があると書かれています。士業とは公認会計士や税理士など資格の名称の最後に「士」がついている職業です。

 

たしかに公認会計士や税理士などの資格を持っていれば、会計事務所などに転職をする場合に有利になるでしょう。公認会計士や税理士などの他にも弁護士や、一級建築士や不動産鑑定士なども士業です。日本の資格や職業には「士」がつく職業と、もうひとつ「師」がつく職業があります。

 

こちらは医師・看護師・薬剤師など医療関係の職業に多いようですが、これらの医療関係の資格も50代でも、転職エージェントには求人がたくさん掲載されています。ただ資格にも50代の方の転職には、あまり関係ない資格もあります。

 

その記事にもうひとつ書かれていたのが50代の方は、人生最後の大きなやりがいにかける人もいるということです。そのためNPOに転職する人などもいてこれまでの経験やスキルを活かして、発展途上国で活躍している50代の方も少なくありません。

 

その代表がJICAのシニア海外ボランティアで、40〜69歳の方が対象です。いずれにしてリクルートエージェントなど50代が利用する、転職エージェントには求人情報が豊富です。若い世代とは違い求人情報も限られますが、50代の方でもきっとご自分に合った仕事が見つかると思いますよ。


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント