履歴書で見られるポイント

「志望動機」欄はとりわけ重要ポイントです。

 50代の転職なら、応募書類の作成には時間をかけて懇切丁寧に仕上げることを心がけましょう。転職では“自分を売り込むこと”が目的ですから、50代の「勝てる」履歴書を目指しましょう。

 

 まず求人企業の採用担当も中高年でしょうから、採用担当が読むのに苦労しない綺麗な書類を仕上げることが大事です。字が読みづらい人はパソコンで作るとよいでしょう。

 

 それから履歴書の「志望動機」はしっかり気合いを入れて書きましょう。何社も受ける人は、会社ごとに志望動機だけでも書き換えましょう。

 

 入社を希望する理由やその職種にこだわる理由が採用担当に理解できなければ面接に進めません。「志望動機」欄はマニュアルの丸写しはダメです。

 

 

ぱっと見て美しい履歴書を作ろう

 パソコンで履歴書を作る人であれば、レイアウトに工夫が必要です。50代なのに新卒や20代と同じレイアウトの履歴書を作って提出するのは不可です。

 

 市販の履歴書を買って用いる場合、中高年の転職者用の用紙にすることと、転職に無関係な項目が並んでいるタイプは避けることが大事です。転職エージェントを通して面接を受ける場合などは履歴書が不要になることも。

 

 

 

参考記事

 

 

 


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント