50代の面接のマナー

面接は「視線」と「姿勢」が大切

 椅子に座るまでに勝負は半分以上ついている、と言われるのが面接です。身のこなしに自信のない人は模擬面接をしてもらうとよいでしょう。

 

 座るときには、すすめられた後で、背筋を伸ばして、両手を軽く握り、膝の上あたりに載せるようにしましょう。

 

 挨拶も重要です。自分の名前をはっきり発音して、笑顔を採用担当に向けましょう。言葉を先に述べてお辞儀をするのを癖にしてください。

 

 話すときには明るく大きな声で簡潔明瞭に答えることを心がけましょう。しゃべりすぎるのは厳禁です。動作として、腕や足を組んだり、手で髪の毛をもてあそばないようにしましょう。癖になっている人は意識して直しましょう。

 

 採用担当の目を見ながら対応するようにしましょう。「アイコンタクトができない人」はその場で失格です。

 

 

身だしなみはやはり重要

 男性ですがひげの剃り残しは仕事のできないルーズな人というレッテルを貼られる原因に。口臭やオーデコロンなども匂いがきつすぎるのは不可です。

 

 靴がぴっかぴかに磨きあげられていると印象アップします。会社によっては外回りが頻繁な部署もありますので靴がきれいであるだけでポイントが高くなります。

 

 

 

参考記事

 

 

 


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント