面接で転職理由をいつも聞かれるのですが、正直に言ってもよいものでしょうか?

面接で転職理由をいつも聞かれるのですが、正直に言ってもよいものでしょうか?

 

 

まず、なぜ面接官が応募者に対して転職理由を尋ねるのかを考えてみましょう。転職理由の内容によっては、「採用しても、再び転職に気持ちが向いてしまうのではないか」と思ってしまうため、あるいは、「そのような理由で転職するなら、うちの会社では働き続けることはできない」と判断するために、面接で転職理由を尋ねていると考えられます。

 

転職理由を尋ねることで何かを試しているというよりも、単純に採用で失敗したくないという心理が面接官の頭の中では働いているのです。

 

さて、あなたが転職を決意した理由な何なのでしょうか。それによって正直に言ってもよいかどうかが変わってきます。もしその理由が、上に書いたような不安や懸念を面接官に抱かせてしまうようであれば、正直には言わない方がいいでしょう。

 

例えば、「人間関係の悪化によって転職を決意した」、「親の介護をしなければならなくなり転職せざるを得なかった」、「待遇に不満があったため転職を決意した」といったような理由だと、面接官はきっと採用を前向きには考えてくれないと思われます。

 

例えば、「やりたいことが明確になり、それは前職では絶対にできないことだったから転職を決意した」、「実力や成果を評価してくれる企業で働きたいと強く思ったから転職することにした」などの理由であれば、正直に伝えても全く問題はないでしょう。

 

もちろん、その理由を実現したり解消できる企業であるからこそ応募したということを面接官に上手に伝える必要は出てきますが、少なくともマイナスの印象を与えてしまうことは避けられるはずです。

 

転職理由を正直に言うかどうかは、その理由次第。それを伝えられた時相手はどう思うか、そこに気を配れば、正直に言うべきかどうかが判断しやすくなると思います。

 

 

 

【関連記事】
転職するにはどのように行動すれば良いですか?
中高年で未経験の職種に就職することは可能ですか?
転職で年収アップした人の割合はどれくらいですか?

 

 


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント