在職中に転職活動をしたいのですが現職にその旨を伝えたほうがいいですか?

在職中に転職活動をしたいのですが現職にその旨を伝えたほうがいいですか?

 

 

転職活動を在職中に行うことは、とても良い判断だと思います。しかし、それを現在勤めている会社や上司に伝えるのは控えてください。

 

転職活動を行っているということは、退職を考えており、時期はさておき、辞めることはほぼ決定しているということ。それを会社や上司が知って、良い気分であるわけがありません。するとどうなるか、嫌がらせや引き止めなど、あなたにとって面倒なトラブルに巻き込まれてしまうリスクが出てきてしまうでしょう。

 

実際に、転職することを上司に伝えたことで社内で無視が始まり、重要な仕事も任せてもらえなくなり、辞めるまで窓際族的な扱いを受けたとする人も少なくないようです。もう会社を辞める人なわけですから、いじめのような状態は別にしても、仕事を与えなかったり態度が冷たくなってしまうことは、上司や同僚の心情としてはわからないでもありません。

 

逆に、引き止めが始まることも考えられます。引き止められるというのは、考え方によっては名誉なことかもしれませんが、転職したいと思っている人にとっては面倒なことでしかありません。

 

「もう少し待遇良くするから」、「せっかく良いポジションを用意していたのに」などと待遇改善をチラつかせたり、「本当に辞めるならボーナスは支払わない」、「損害賠償を請求する」などと、言ってみれば不法な脅しのような形で引き止めをしてくることもなくはないでしょう。

 

これは嫌がらせなのか引き止めなのか判断が難しいところですが、転職活動の邪魔をしてくる会社や上司も出てくるかもしれません。

 

転職活動を行っていることを伝えると、これだけのトラブルが起こるリスクが生まれ、「うちの会社や上司は大丈夫だろう」と思っていても、実際にはトラブルに巻き込まれるケースは少なくないため、やはり転職活動は秘密裏に行うことをお勧めしておきます。

 

 

 

【関連記事】
転職するにはどのように行動すれば良いですか?
転職で年収アップした人の割合はどれくらいですか?
未経験の職種よりも同職種の方が転職できる確率は高いですか?


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント