転職で年収アップした人の割合はどれくらいですか?

転職で年収アップした人の割合はどれくらいですか?

 

調査した機関や、ある特定の転職活動方法をとった人など、調べ方や対象がいろいろとあり、そこから出てくるデータも多岐に渡るのですが、それらを総合してみると、転職によって年収がアップした人の割合は、大体3割から4割ほどと言えそうです。つまり、全体の半分以下ということになります。

 

転職希望者の全てが年収アップを目的としていたわけではないでしょうが、それでも年収が実際にアップする人が半分に満たないとなれば、年収アップを目的として転職を考えている人にとっては、一歩を踏み出しにくいデータとなるのかもしれません。

 

逆に、転職して年収がダウンしてしまった人も、全体の3割ほどいるようです。残りは転職前と転職後の年収が変わらない人ということになります。ポイントは、これらが転職直後のデータであるということ。転職してしばらく働き続けることで、もしかしたら年収がアップした人の割合がさらに増すかもしれません。

 

このような質問をするということは、おそらく年収アップを狙って転職を考えているのでしょう。その場合は、同業同種への転職が理想とされ、少し変化させるとしても職種はそのままで業界を変えるという考え方がいいのではないでしょうか。

 

転職後、また一から仕事を覚えるとなると、なかなか年収アップに繋がらない現状があります。これまでの経験を生かした転職の方が年収がアップする可能性は高まりそうです。無理に給与水準が高い業界や職種にこだわらない方がいいでしょう。

 

また、年齢が上がれば上がるほど、転職後に年収がアップした人の割合は下がっていきます。市場価値が下がるからと考えられますが、40歳以上で年収アップを狙った転職をするのであれば、よほどのキャリアを積んでいないと難しいと言えそうです。

 

一度自らの市場価値をチェックしてみてはどうでしょうか。確かに価値がありそうだと確信できれば、転職後の年収アップもさほど難しくはないでしょう。

 

 

 

【関連記事】
採用担当の方が履歴書・職務経歴書で最も重要視しているのはどこですか?
中高年で未経験の職種に就職することは可能ですか?
未経験の職種よりも同職種の方が転職できる確率は高いですか?


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント