50代の方必見!転職を考えるなら知っておきたい自分の実力と心構え

50代の方必見!転職を考えるなら知っておきたい自分の実力と心構え

現在50代で転職を考えているあなたは仕事の「夢」を追いかけるというより、何かしらのマイナス要因があり、気乗りはしないのに転職を考えなければならない状況ではないでしょうか?

50代の転職理由として4割を超える方がリストラなどの「会社都合」によって転職に追い込まれています。それでは気持ちが沈むのも無理がありません。

 

しかし、転職活動はそのような負の気持ちのままで簡単に乗り越えられるものではありません。もしあなたが過去に転職経験があるとしても、「50代」という年齢は今までの転職とは全く異なります。応募のポジションが管理職であればよいのですが、もし一般職となると他の若い応募者にとも戦わなければならず、その年齢で自らを「売り込む」というのはタダならぬ努力が必要です。

 

 

先にまだまだ希望が沢山ある「若い社員」と、先がある程度見えてしまっている「50代」とでは年齢だけでもハンデとなり、また漲るパワーと言うのは若い人にはどうしても勝てません。

 

また、基本的に転職には採用枠が決まっており、多数の応募者の中から選考を勝ち残り、いくつものハードルを乗り越えてゴールしなければなりません。しかも、理想像の人物が居ない場合はそのタイミングでの採用を見送る可能性もあります。とは言え、50代の方がみんな転職できない訳ではありません。

 

転職は実力・努力・タイミングが必要となります。どんなに優れた人材でもタイミングが悪ければ良い転職はできませんし、ある程度の人材でもタイミングが合えば良い会社で出会える可能性があります。

 

 

平均的な離職率と入職率


冒頭ではマイナスな事ばかり書いてしまいましたが、悲観しないでください。上記の表に示されている通り、35歳〜59歳までの離職率、入職率は差ほど変わりありません。と言うことは50代にも十分チャンスはあるということです。年齢のハンデで落胆せずに、あなたが培ってきた経験、「50代の強み」をアピールすれば必ず門は開かれるはずです。

 

 

意外と気付いていない自分のスキルの高さ

意外と知らない人が多いのですが、本人は気付いていない自分が経験してきた潜在能力があります。他社でやってきた良いことを新しい会社で活かせればそれはあなたの大きな武器になります。年齢的に悲観的になりやすいとは思いますが、ここは自分を騙してでも、自信を持ち、堂々と転職活動に望むことが大切です。

 

あなたが今まで経験してきたことは新な企業では未知の領域です。その理由として、その会社の社風や経営方針によって固められた吹き溜まり状態の組織が多くあるからです。

 

「自信+潜在能力=成功への第一歩」

 

あなたの年齢であれば沢山の経験をしてきていると思いますので、その経験が会社に新風を巻き起こせる可能性があります。ここで普通の転職者であれば荒波を起ててマイナス評価を受けるのを恐れて、長いものに巻かれるのが一般的ですが、50代でそれをやってはいけません。理由として、あなたの言葉の節々にはその経験の重さをにじみ出すことができます。

 

定年まで残り長くて10〜15年、自分の立場をプラスなするかマイナスにするかは自分の立ち振舞いで変わってしまう大きなターニングポイントだと思ってください。新しい会社で自分がどれだけ活躍できるかなんてやってみなければ誰もわかりません。

 

 

そんな中、期待をされて入社するのであれば、自分のスキルを堂々と見せつけ、新な風を起こすことが大事です。周りを気にして何も出来ずに埋もれてしまえばあなたの存在価値はゼロ以下。若い中途採用者であればなら周囲も関係を持ち良い方向に導いてくれるかもしれませんが50代では誰も相手をしてくれなくなる可能性が高くなります。何せ年上のおじさんですから年下は絡みにくいのです。

 

だからこそ何かを起こして自分のカラーを出し、会社を巻き込むくらいのことをしなければなりません。そうすれば会社もあなたも良い方向に行くと思います。

 

 

30〜40代ではマネージメント能力が足らない!

会社規模や社風にもよりますが、意外と30〜40代のマネジメント能力が低い会社が見受けられます。特に中小企業で中途採用者の少なくプロパーが多い会社に良く見受けられます。本人らは外部環境を話には聞いたりして知っていても実体験がないためやり方をしりません。自分では正しい事をしているつもりであっても、その方向が間違っていたり時代にあっていない可能性があります。またそれに気付けないことが一番の弱点となります。

 

他社での勤務経験のあるあなたは今までのナレッジを活かし、新しい会社を良い方向に導くことができる可能性を秘めています。マネジメントも根本がずれていれば意味がありません。あなたの経験で組織を活性化させるぐらいの意気込みで望みましょう!

 

 

 

50代ならではの組織力を発揮し、安定した組織作りを!

50代と言えば一般的な会社であれば次長〜部長職になっている人が多いでしょう。あなたが転職するときに役職があるかないかはわかりませんが、あなたの他社での経験は役職以上の価値を秘めている可能性があります。周囲にいる若い世代は現職の役職者とはフレンドリーに話せる環境ではない場合が多くあります。

 

言わば上司と部下の「壁」です。本来会社の組織に壁は不要で壁があることでマイナス要素になりがちなのですが、それは、みなサラリーマンで自分の身が一番大切で仕方がないことです。しかし中途で入るあなたはある意味フリーな状態であり、若い世代を仲間につけることができるチャンスでもあり、成功すれば上からも一目を置く存在になれます。

 

 

与えられたミッションの成果をだせる存在であれば良いのですが、簡単に行くかどうかわかりません。その実績が伴わない場合でも自己のミッション意外で仲間を持ち、意思疎通が図れる環境を築けることは大きな武器になります。

 

若い世代には惜しまず色々な経験談を話し、信頼を得るようにしましょう。同年代の役職者には相談できないようなことを相談されるようになればこれからの会社を支える次世代と会社のパイプ役にもなりますのでその信頼感は会社にとっても大きな財産になります。そうなれば会社もあなたを頼らなければならない状況になるかもしれません。

 

 

最後に―

いかがでしたでしょうか?50代の転職となるとどんなに能力がある人でも結果や影響力と言う部分で即成果を求められます。あなたは色々考えることもあるし、与えられる目標を達成させることは一筋縄ではいかないと思います。

 

しかし、やらなければならない環境が変わらないのであれば、やるしかありません。不安を吹き飛ばし、敢えて開き直り、今までの自分の人生を肯定し自信をもって望む事が第一です。病気と一緒で気持ちが大切です。そのような気持ちを持って転職活動に望めば必ず良い結果に結び付くはずです。頑張っていれば年齢も関係なく周囲が助けてくれるでしょう。

 


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント