今が熱い?シンガポール転職を勧める3つの理由

最近では海外で働きたいと考える人が増え、海外転職をする人が増えています。

 

そんな人が最初にぶち当たる問題が、どの国に行くのか。ということです。そもそもビザが取れなければ働くことすらできません。今はいろんな情報があふれていますので、調べるだけで疲れてしまい、海外転職をあきらめてしまう人もいるでしょう。

 

私が今回そんな人にお勧めしたいのが、シンガポール転職です。

 

以下の表からわかるように、現在シンガポールには3万を超える日本人が生活しており、その数字は今現在も増え続けています。この数値は、いかにシンガポールが転職先として人気を集めているかを表しているといえるでしょう。

 

そこで今回は、なぜそんなにシンガポールが人気なのかという理由を交えつつ、私がシンガポール転職をお勧めする3つの理由を紹介します。

 


在シンガポール日本国大使館「領事情報」
http://www.sg.emb-japan.go.jp/ryoji_TODOKE_toukei_j.htm

 

日本人向けの求人が多くある

シンガポールはアジア経済の中心地です。そのため、多くの欧米企業が拠点をシンガポールにおいています。

 

また、法人税が安いことからシンガポールで起業する日本人も増えていますし、日本人が多いために日系企業もどんどん進出しているのです。そのため、シンガポールには日本人向けの求人が数多く存在するのです。

 

まず、一番メジャーなのが観光業です。

大手旅行会社や航空会社はシンガポールに拠点を置いているので、そこに就職することが可能です。シンガポールへの日本人観光客もますます増えているので、今後も需要のある業界といえるでしょう。これらの業界は比較的女性が就職しやすいのが特徴です。

 

次に多い求人が、人材業界です。

シンガポールには、シンガポールでの転職を目指している人のために、多くの人材会社があります。そこの転職コンサルタントの求人が多くあり、未経験であっても受け入れてくれるところが多くあります。

 

主にこの2つの業過の求人が多いですが、他にもメーカーITなども選択肢としてあります。しかし、これの業界に就職するには、経験が必要になるとこともありますので、自分の職歴を考慮しながら転職先を選ぶのがいいでしょう。

 

さらに、最近の日本食ブームに乗っかって、シンガポール内でも多くの日本食レストランがオープンしています。それらへの就職も一つの候補となるでしょう。

 

シンガポールといっても、日本人を採用している企業では、主に日本語でのコミュニケーションが中心になります。

 

ですので、英語力も自信がないという人でも、海外転職を実現することができるのです。一方で、英語に浸りたいという人は、現地の企業か外資系企業に就職するようにしましょう。

 

日本と同じ基準で生活ができる

シンガポール転職を勧める一番大きな理由の一つが、給与水準が日本とほぼ同じということです。

 

比較的転職がしやすいアジア諸国では、日本との物価があまりに違うため、どんなに現地で稼いでも円に換算すると非常に少ない金額になってしまうということはよくあります。しかし、シンガポールの物価は日本のものとほとんど変わりません。

 

また、ビザの申請条件に最低給与額が設定されており、それがその時の為替にもよりますがおおよそ25万円になります。ですので、帰国後も不便なく生活ができるだけの金額は稼ぐことができるのです。

 

また、シンガポールは衛星面、インフラ面でも非常に優れています。

アジアで水道水が飲めるのは、シンガポールと日本のみです。また、シンガポールにほ多くの規制があるので、町にごみは少なくきれいな状態が保たれています。シンガポールにガムの持ち込み不可というのも有名な話でしょう。

 

交通手段に関しても、国中にMRTと呼ばれる電車やバスが走っているので、車がなくても生活に困ることはありません。タクシーもとても安いので気軽に利用することができます。

 

このようにシンガポールには生活をしやすい環境がそろっているので、単身で行っても何不自由なく暮らすことができるのです。

 

外国人労働者が多い

シンガポールは現在、多くの外国人労働者を受け入れており、労働者の約半分が外国人といわれています。ですので、外国人に対する制度というのが非常に確立されています。

 

まず、シンガポールはビザが非常にとりやすいです。

欧米諸国のように取得に何か月もかかることがなく、申請をすれば早くて、3日程度で許可が下ります。そのため、前職を退職後に、長い期間を置かずにすぐに就労を開始することができるのです。

 

また、アメリカのように学歴との関連性など、細かい条件がないので申請しやすいのも特徴です。

 

また職場でも、インドネシアやマレーシア、フィリピンなど様々な国籍の人がいます。そのため、自分が日本人だからといって特異な目で見られることはないですし、差別を受けることもありません

 

むしろ、シンガポールにいると自分が外国人であることを忘れてしまいそうになるでしょう。そのため、生活をしやすいのはもちろんのこと、様々な国の人と一緒に働くことができるので、より国際感覚を身に付けることが可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。上記のように、シンガポールは日本人向けの求人があるだけではなく、非常に働きやすい環境が整っています。そのため、海外が初めての人、単身で不安な人にとっても、挑戦しやすいでしょう。

 

シンガポールへは日本からわずか7時間のフライトでいけますし、時差も1時間しかありません。そのため、海外転職先としては大変お勧めなのです。


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント