ハローワークやネットを活用した求人探し

ハローワーク活用のポイントと注意点

 

 仕事を探すならばハローワーク(旧・職安)と思っている方が多いようです。公共の仕事斡旋機関ということで絶大な認知度を得ており、何となく安心できるのではないでしょうか。

 

 たしかにハローワークで紹介される求人情報の中には優良企業から出された魅力的な求人もあることはあります。しかし中にはまったく求人活動を行っていないのに何故か求人票を出している、いわゆるカラ求人や、求人票では事務職募集と出しつつ、実際には作業現場にまわされたり、給与や勤務時間などの条件がまったく違っていたりと悪質な求人が多いことでも知られています。人によってはハローワーク経由で面接した全ての企業がブラック企業だったという笑えない話も。何故そのような悪質な求人票が出回っているのでしょうか?

 

 ハローワークへは求人を無料で出すことができます。そのためかなりハードルが低い状態なのです。しかもハローワークの求人を出す企業への審査は甘く、ほとんど無審査で求人票を提示することが可能です。もしも意図的に虚偽の内容を載せたとしても、法的な罰則などはなく、警告を受ける程度ですから、悪質な企業側の思う壺。悪いことだと知りつつも人手不足でどうしようもなければ甘い言葉で釣って人を入れようとします。

 

 特に転職の難しい中高年に対しては「どうせ辞められないだろう」と足元を見てくる悪質企業も多いため注意が必要です。

 

 

 

インターネットを利用した求人探しのメリット

 

 インターネットを使って求人探しをする場合は、転職サイトを活用することになりますが、民間企業が運営しているため、求人広告を出す企業側が費用を支払うことになります。

 

 ですからある程度の財政状態がしっかりした企業でなくては求人を載せることができません。転職サイト側はその点をしっかり審査しているため、お尻に火のついた企業求人は排除されています。

 

 また、大手転職サイトでは自社ブランドを守るために、あまりにも悪質な企業への求人広告はストップしたり、実際の業務や条件と記載内容が大きく異る企業求人は断っています。

 

 もちろん求人企業側の倫理に左右されるため100%クリーンとはいきませんが、ハローワークと比べ転職サイトに載る求人は質の良い求人が多いようです。

 

 

 

 


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント