50代の仕事探しのこつとは?

異業種にこそ可能性が眠っている?!

 50代の転職のしやすさという面では、「同業種・同職種」が一番スムーズに転職しやすい・・・と言われていた時期もありました。

 

 しかし今はどの業界も転職者の受け皿が小さくなりつつあり、同業種にこだわることの意味があまり見出せないとも言われます。

 

 そこで選択肢を広げて、「異業種・同職種」で探した方が、早期に転職先が内定しやすいでしょう。たとえば銀行で営業していた人なら、製造や流通の営業職を考えた方が応募の窓口が広がります。

 

 

50代の豊富な経験を生かそう!

 今の50代は年功序列の中で一つの企業の中だけで、いろんな職種を経験してキャリアアップしてきた人が多く、社外で通用する専門スキルが不十分な人も少なくありません。

 

 人材としての自分の“売り”をしっかり把握することが転職成功のコツになります。会社の外でも通用する専門スキルや汎用性を見いだせれば、長いビジネスパーソンとしての経験が付加されて、大きな武器となるでしょう。

 

 50代以降が若い人より有利なのは「豊富なマネジメント経験」ですが、「人的ネットワーク」もそれに付加できればなおさらよいでしょう。

 

 

 

参考記事

 

 

 


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント