50代の方必見!転職するまでの手順

前書き 
50代の転職では、求人条件にあわないことが多く転職先を探すのは難しいのが現実です。それでも、キャリア豊富なため幹部候補や管理職として採用したい企業も少なからずあります。

 

そこで、そんな少ないチャンスにめぐり合えるタイミングを、いつでも捕まえられるよう準備が必要になります。ここでは、転職活動のノウハウをしっかりと把握して利用できるように、転職活動のステップと参考になるコンテンツをご紹介しています。

 

是非利用して、今後の転職活動にお役立て下さい。

1.転職について考える

転職するにあたり、転職理由を明確にします。単に、会社の将来性に対する不安や、スキルアップという理由ではなく、現職では何ができなくて転職するのか、また転職でどう変化させたいのかを転職前後で項目別に分析します。そうしておくことで失うものと得るものが明確となり、自分の転職軸がわかります。これをしておくことが後々に効いてくるのです。

 

参考記事

 

 

2.情報収集をする

転職軸を明確にしたら、自分が応募できる求人を探して情報収集します。ここでは、ハローワークだけでなく、転職会社が運営しているリクナビNEXTや、リクルートエージェントなどを利用して情報収集力します。これらは取り扱う求人数が非常に多いため、絞り込めば自分にマッチした求人と巡り会える可能性も高まります。出来るだけ50代の求人がある可能性が高い情報媒体を駆使することが重要です。

 

参考記事

 

 

3.希望求人に応募する

50代の転職を成功させるには、書類を通過しないと面接に進めません。そこで、企業が求める人材をしっかりと意識して、自分のセールスポイントとそれが転職先でどう貢献できるのかを簡潔に記載して自分を最大限にアピールします。また、自分の実績やスキル、資格だけではなく、そこに至った経緯と身につけたことなども記載しておくと良いでしょう。

 

参考記事

 

 

4.面接を受ける

面接では、第一印象も非常に重要となってきます。年齢とともに清潔感が損なわれますので、頭髪や服装の乱れなく身だしなみを整えておきます。また、書類上のアピールが面接官に伝えられるように、あらかじめ想定質問とその回答をシミュレーションしておく事が、50代の転職を成功へと導くポイントなのです。 そして、現職では役職に就いていても、転職先の面接では謙虚な姿勢で臨みましょう。

 

参考記事

 

 

5.退社準備と入社準備について

晴れて内定を貰えれば内定通知書にサインをして入社準備を行います。これから新生活に向けて準備が必要になります。そこで長年勤めた会社を退職するわけですから、トラブルにならないように円満退職の準備を行います。くれぐれも退職が伸びて、転職先に迷惑をかけないようにします。その他にも、さまざまな手続きが必要となりますので、退職についての必要事項をチェックしておくと良いでしょう。

 

参考記事

 


ホーム 転職するための5つの手順 人気No.1の転職エージェント